自戒

Category : その他
今日も朝から梅雨らしいお天気です
お洗濯しても乾かなくってするのが嫌になるけど、でも溜め込んでおくのも怖い…
で、うだうだしながら家事をしております
小春もこんな日はまった~りしております。

本日はかなりの長文ですのでご了承くださいませ。

一昨日、私は所用があって小1時間程留守にして、急いで帰ってみると…
小春が2代目エリカラをものともせず、足をガジガジしたらしく血が…
腫れも酷くなったので昨日病院へ。
先生は「…なすすべがないなぁ」
右前脚の腫れは肉芽腫になっていて、吸収されるのは時間がかかるし、
まずガジガジしなくならないと良くならない。
それに痒くてガジガジしているのでは明らかに違う。
というのは、赤く腫れているところを先生が触っても全然平気なのです。
痒みがあれば何らかの反応を絶対にするはず。
だからこれはストレスが原因だねと。
もしかしてニキビダニが繁殖しているかもしれないので顕微鏡で確認してもらったけど
見当たらないって。4月に見てもらった時もなかったし。

とりあえず薬を飲ませて様子を見ることになったのですが。
もう本当に途方に暮れて…。
帰りに小春の実家のお店に行ってお店の方にコレコレこんな状態でとお話したら、
私(家族)の小春への接し方・気持ちの持ち方が小春の望んでいることとは
違うのではないか?と言われて、ハッとしました。
小春はこうしてほしいのにそれをしてもらえない。
そしてさらに私は小春に気持ちが依存していて小春のボスではなくなっていた…。
そうなると小春は精神的に不安定になりストレスがかかりその発散の方法として
ガジガジしてしまっているのかもしれないと。
小春を迎える時に犬と暮らすということについて本当に丁寧に教えていただいて
わかっていたつもりになっていた。
ちゃんと小春を『犬』として理解して家族の大切な一員として愛すること。
そんな一番大事なことをいつの間にか忘れていた。
小春は可愛くって大好きでいつもそばにいてくれてる存在。
でも私の自己満足のためにいるんじゃない。
小春は家族の一員。
お店の方にいくつか小春の気持ちが安定する方法を教えていただいて
私(家族)を信頼して安心して暮らせるようにしようと気持ちを引き締めて帰りました。


家に帰って早速教えていただいた方法を実践~
(※この方法は私オットねぇねと小春の場合です)


①ゲージの復活
 今まではフリー(入ったら困る場所はガードしてます)だったのですが、
 もしかしたらフリー過ぎて安心できる場所がないのかも。
 本来、犬は暗くて狭い洞穴で生活をしていたからね。その洞穴の代わりがゲージ。
 小春のマットを置いていた場所に物置と化していたゲージを移動。


     P1060220.jpg

はじめは全く興味を示さなかったけど、ここで御飯を食べたりおやつをもらったりしたら
思い出してきたみたい。
夜自分から入っていってへそ天で寝てました。
それも爆睡(^^♪
靴下を吊るしているのは久しぶりのゲージだからちょっとでも安心するように
ということと、中にいるときにそれで遊んで暇つぶしをしたらそれだけ
ガジガジに意識がいかないかもということで。
…でもね~ これにはまぁぁぁぁぁぁったく興味をもってくれなくってスルー…


②首輪を常に付けておく
 散歩から帰ったら首輪をはずしていたのですが、これも主従関係が崩れている一因かも。
 首輪をしていることで言い方は悪いけど支配しているということを示す。
 それによってボスは小春ではないということを理解させる。

     P1060224.jpg

これは小春がパピーの頃にしていた首輪です。
成犬になってこれの大きいサイズをしていたのですが、内側から剥がれてしまって
買い換えようと思ったらなくって…
それで色々ネットで調べて今のを購入したんです。
でもね、幅が大きくて…。お散歩の時だけだからと思ってたけどこれからずっとするなら
やっぱりこの首輪が欲しいなぁ。
またお店できいてみよっと。

③私の気持ちを変える!

意識して接するようにしたらちょっと小春の反応が変わってきた気がする。
まだ1日目だからわからないけれど、今までもガジガジしてるのを見つけたら「ダメ!」って
言ってたんだけど、どこか小春はまた言ってるぐらいでそのままガジガジしたり
余計に意地になってみたりということがあったんです。
でも昨日は「ダメ!」って言うと一度でやめたんです。
そしてわたしのところにトコトコくるんです。
なんかいたずらが見つかった子どもみたいに(#^.^#)
ちょっと嬉しかったのが、ガジガジの頻度も少なくなっている気がすること。
そりゃぁ、こっそりガジガジしてるしまだ油断はできないけれど。
そしてストレス要因の一つ、エリカラもやめてみました。
さてさてどうなるかな?


そして…
このことをブログに書いてもいいのか悩みましたが、私にとってとても大切なことなので書きます。
実は小春を産んでくれたお母さん犬が生死の境をさまよっているそうなんです。
多分今日明日…かもしれないとのことでした。
そんな時に小春を連れていったので、お店の方は「○○がよんだのかもしれへんな」っておっしゃって。
それを聞いて、私はお母さん犬に「小春のこと幸せにしてあげてね、本当にお願いするね」って
言われたような気がしました。
小春がお母さん犬に会うことはかなわないけれど、でもお店の方がいっぱい小春をなでてくれて
「小春ちゃんの匂いを届けておくね」っていってくださいました。
お母さん犬から預かった大切な命。
本当に本当にありがとう。
必ずやってみせるからね!
小春のガジガジ治してみせるからね!
そして小春のこと絶対に幸せにするからね。

P1060219.jpg
  久しぶりにエリカラなしになってホッとしたかな?

Comment

う〜ん、いろいろ難しいね〜
たしかにストレスもあるかもだけど、
子供の指シャブリが治らないのと同じようなものかもしれないし…
ストレスでやった事が、もう癖になっちゃっているんだよね〜(>_<)

ただ、ダメ!って言ってすぐにやめないのは、
小春巻きさんが甘く見られてるってことには違いないね(^^;)
たいていの人は、可愛いと怒れないんだよね〜
でも、それが1番ダメなんだよね。
犬は犬。人間の理屈では通用しない事は山ほどあるの。
犬が人間に合わせる事も多いけど、
怒るってことは、人間が犬に合わせて行かないと行けないんだよね。
ちょっと気付けば、大きく変わる事もいっぱいあるよ(^^)

ちなみに〜我が家の怒り方、半端じゃないよ〜(笑)
ブログを読んでるだけの人が見たら、引いちゃうかも(^^;)
怒鳴るし、ひっぱたくし、押さえつけるし、キャン!って言わせるし…
怒る時は鬼になる(笑)
けっして緩めないし、甘やかさない。
怖いよ〜(笑)
でも、私が怖い存在だからこそ、私といれば安心ってことに繋がると思って…

柴犬は、自傷行為の多い犬種だから、これからも注意が必要だよね。
家族だからこそ、愛情を持って厳しく…って言うのも必要だね。
家族みんなで力を合わせて頑張ってね!

Saoeko 様

Saoさん ありがとうございます。
小春が小さい頃は本当に気をつけていたのに…
いつの間にか甘やかしてばかりになってた。
でも今からでもやり直せるものね。
しっかりと本当の絆を築いていきたいです。
『犬』の小春を愛して大切に育んで共に生きていきたい。
そう思います。
いっぺんに何もかもうまくはいかないけれど、
でも時間がかかっても家族みんなで頑張ります☆彡
非公開コメント

プロフィール

小春巻き

Author:小春巻き

カワまちゅげ隊
茶まちゅ隊60%
☆探しています☆
いくつになったん?
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ